九死にライフを得た人間の外見は

とある機会に死にかけて生還してきたやつという逢う機会がありました。
我々自体が以前に死にかけて生還してきたやつなので、死の淵から帰って来た人間の顔つきというものが感覚でそれとわかるようになりました。
死ぬかもしれない事はこういう何とも憂慮がやっぱしならないのかというのですが、その生還してきたやつもそうでしたし、そういうことが弱いということがどんなに歓びかを噛み締めて連日暮らしている。
生長らえたら、憑き物が取れたようにカラダも内も軽くなります。その人もそんな軽やかな顔つきを通していました。
何とか助かった生だから生きていることにただ感謝して、連日を思い切り生きようというように我々はなりました。その人も口には出しませんが、極力生きようという進め方が全身から放たれていました。
やつは生きているのではなく生かされているということをいうやつがいる。確かにそんな現状が生にはあります。
九死に人生を得たやつは普通明るく軽やかな顔つきを通していて、やつが皆さん、誰かと誰かのお互いのお陰で皆で生きていて、そういった進め方が死にかけてなんとかわかったのかもしれないというくらいには、心地も想像もきちんと素晴らしいわけでもないとも思いが付きます。
そんな意味で生こそお宝だ。我々もその人もそういうことを実感しているような顔つきになっていて明るく軽やかな顔つきをしているのであると思いました。公式サイトはコチラ